音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

Sophisticated Lady / Carol Sloane (1977/2020 DSD128)

購入したきりで一度も通して聴けていなかった不遇の作品。全ては自分が悪いのですが。

実にオーセンティックなジャズボーカルアルバム。それは退屈さに繋がるものではなく、キャロル・スローンの歌声は非常にキュート。

定番楽曲で構成されているけれども、こちらも生き生きとしている歌が、楽曲の魅力を引き出している。

こんなアルバム、どこにしまっていたのよ、自分。

f:id:particleofsound:20201109034204j:plain
Sophisticated Lady 【Hi-Res】