音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

犬は吠えるがキャラバンは進む / 小沢健二 (1993 FLAC)

大きな買い物をした後には大抵ハイになっているものなのだけれども、今日はいつもと同じ、夜の落ち着いたテンション。

「音楽ナタリー」を見ていたら、このアルバムがようやくリマスタ再発されるとの記事を見つけたので再生。

いつ聴いても、何度聴いても、この落ち着き方が天才的なアルバムだと思うのよ。ずっしりと重いしね。

犬は吠えるがキャラバンは進む