音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

Parfaitone / ClariS (2022 96/24)

なんだなんだ。このアルバムでのClariSが妙に格好いいぞ。かわいい、ではなく、格好いい。思わず2回聴いた。

誤解を恐れずに言えば「ハードコアなClariS」だな、これ。

トラックもいつもよりもやや強靱で、ボーカルもフワッとしているよりもシャキッとしている感覚。特に中盤の組曲形式になっているパートでの歌の見せっぷりがたまらなくツボでありました。

これはちょっと、ClariSさん、ベスト盤をリリースした後にシフトチェンジしてきました?

Parfaitone (通常盤) (特典なし)