音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

2019-02-24から1日間の記事一覧

モーツァルト:ピアノ協奏曲第21番 ハ長調 / グルダ, アバド, ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 (1974/2013 CD-DA)

本日のラスト。明るくかつ軽く行きたかったので、このハ長調を選択。グルダのノリのよい演奏が、モーツァルトの軽快さと明るさとの相乗効果で、気分も高揚しながらも落ち着いていく。さ、明日からまた一週間始まりますよ。で、2月も終わりで3月に突入と。金…

プロコフィエフ:ピアノ協奏曲第3番 / アシュケナージ, プレヴィン, ロンドン交響楽団 (1975/2014 SHM-CD)

ふふふ。アシュケナージはコロコロ回る。聴いていて愉快。プロコフィエフなんて、えらく難解な演奏を求められているように聞こえるのだけれどもね。それがまたこのコロコロ感と相まって、愉快さ倍率ドン。楽しいのよ、これが。加えて、自分、何気なくプロコ…

メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲 / ハイフェッツ, ミュンシュ, ボストン交響楽団 (1959/2016 BSCD2)

有名どころの協奏曲を流しながら、細かいところの片付けですよ。なんとなく活動的な気分なのと、まだ寝るには早い時間だしね。このまま諸々調子が戻ってくれて安定してくれるとさらにいいのだけれども。やはりこの2週間ほど、自覚出来るほどに乱高下が激しく…

ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番 / アシュケナージ, ハイティンク, ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団 (1986/2014 SHM-CD)

こちらも、色々と作業をしているうちに聴き終えてしまいましたよ。アシュケナージはいい意味で軽快よね。スカッとする演奏。

マーラー:交響曲第7番《夜の歌》 / ショルティ, シカゴ交響楽団 (1971/2017 SACD)

週末でなければなかなか出来ない、細々とした作業をしながら聴いておりました。うーん。勇ましい。マーラーの作る曲はとても人間くさいよね。人間が一生懸命作りましたと言う雰囲気がやたらと漂ってくる。そこがまたなんとも「臭くて」いいのですよ。メタル…

DEEP RIVER[2018 Remastered Album] / 宇多田ヒカル (2002/2018 ハイレゾ 96/24)

日曜夕方恒例、部屋の片付けのお供に。サクサクっと片付けて、サクッと換気して、サクッとこれを書いて、次の音楽へと行く。そうやって自分の週末は終わるのです。いや、まだ17時になったばかりだけれども。DEEP RIVER[2018 Remastered Album] 【Hi-Res】

9.5カラット (Remastered 2018) / 井上陽水 (1984/2018 ハイレゾ 192/24)

外出からの帰宅後に。思い立って、不要になった品をヤフオク!に出す。9.5カラット (Remastered 2018) 【Hi-Res】

Heaven's Kitchen [Remaster] / Bonnie Pink (1997/2016 ハイレゾ 96/24)

ロックのかからない洗濯機と格闘しながら。小一時間格闘したよ。Heaven's Kitchen [Remaster] 【Hi-Res】

Timeless 20th Century Japanese Popular Songs Collection / KEIKO LEE (2017 ハイレゾ 96/24)

食後にアイスを食べて頭と身体に糖分を巡らせ、洗濯物を仕込み、じっくりとこれを聴く。ゆっくりと身体と頭が起き上がってくるのを感じる。そうこうしているうちにもうお昼だ。Timeless 20th Century Japanese Popular Songs Collection 【Hi-Res】

NATURAL / T-SQUARE (1990/2015 ハイレゾ DSD64)

本日の朝一に。昨夜変な睡眠時間の取り方をしたから、この上なく頭の中がぼんやりとしている。風邪は治ったけれども。NATURAL 【Hi-Res】

delicious way / 倉木麻衣 (2000 FLAC)

スピーカーケーブルを物色しておりました。次はここだものねぇ…。

atlas / PSY・S (1990/2012 FLAC)

風邪薬のせいで21時から25時までずっと寝ていた。目覚めてこの1枚。ボンヤリとした頭に丁度いい。