音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

モーツァルト:ピアノ協奏曲第21番 ハ長調 / グルダ, アバド, ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 (1974/2013 CD-DA)

本日のラスト。明るくかつ軽く行きたかったので、このハ長調を選択。グルダのノリのよい演奏が、モーツァルトの軽快さと明るさとの相乗効果で、気分も高揚しながらも落ち着いていく。

さ、明日からまた一週間始まりますよ。で、2月も終わりで3月に突入と。金曜日はもう月初作業に入るのか…。ま、いいや。仕事は音楽を聴くための糧、であります。