音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

2020-04-21から1日間の記事一覧

Brazilliance x4 / Claudio Roditi (2011/2017 44.1/24)

ブラジルのジャズトランペッターのリーダ作。何気なく目について何気なく聴いたら何気なく良かった。この何気ないと言うのがまたいいんですよ。ブラジル風味の明るいサウンドから、しっとりと聴かせるナンバーまで、バラエティ豊かな、トランペットとサイド…

イマジン~J.S.バッハ:チェンバロ作品集 / ジャン・ロンドー (2015 96/24 Amazon Music HD)

Twitterで流れてきたワーナーミュージックの紹介文を読んで「え?チェンバリスト?」と驚き、軽く調べてみると、さらに驚き。この音源を聴いてさらに驚き。1991年生まれのチェンバリストで、西欧では既にその名を轟かせているという。事実、ここに収録されて…

Language of Love / Karen Souza (2020 Amazon Music HD)

このシブ気怠さが何とも言えない素敵な女性ジャズボーカリスト。改めて今作を聴いてみると、アッパーな作品も散りばめられていて、ただの気怠いボーカル集にとどまっていないところが興味深い。しかし、本当に魅力的と言いますか、魅了されるボーカルスタイ…

センテニアル・パーク / RMS (2020 Amazon Music HD)

Ray Russell、Mo Foster、Simon Phillipsによるロックユニット。「英国が誇るベテラン・セッション・ミュージシャン3人による世紀のクロスオーヴァー・バトル!」とタワレコオンラインには解説があったのだけれども、サイモン・フィリップスしか知りません。…

Protocol Ⅱ / Simon Phillips (2014 96/24)

久しぶりのジャズロック。そう言えば、この人の来日ライヴ、見に行ったんだよなぁ。

NON-STOPPER / 荻野目洋子 (1986 FLAC)

散歩のお供に。

The Jazz Funk Collection / Donald Byrd, The Blackbyrds (2020 CD-DA, FLAC)

体重ショックが大きすぎて、呆然としながらこれを聴いております。現在進行形。

FULL COLORS / CASIOPEA (1991 FLAC)

久しぶりに、食事前にシャワーを浴びたのです。で、久しぶりに体重計に乗ったのです。…。想像を絶する数値を叩きだしてしまったので、今日から間食禁止です。空腹はハイチュウとシュガーレスのカフェオレでしのぎます。以前も食事療法で痩せたので、それを取…

寺井尚子ベスト / 寺井尚子 (2018 DSD256)

5,000円台なんて手が出せるか!とユニバーサルミュージック価格に憤慨していたこの音源も、今、e-onkyoがDSDプライスオフをしているので3,515円。真っ当な価格。よってようやく購入。FiiO M11 Pro SSも11.2MHz音源を安定して再生出来るようになったので、フ…

カルメン・マキ&OZ / カルメン・マキ&OZ (1975/2018 352.8/24 MQA)

真夜中の70年代ロック。このカルメン・マキの変幻自在なボーカリゼーションに、何とも言えずスカッとさせられるのであります。完全にバンドを食っているボーカルの凄まじさと言ったら。

Life / Simply Red (1995 FLAC)

1時過ぎに目を覚ます。ミック・ハックネルのような甘くもフックのある歌声を持った人間に生まれたかった。ええ、真夜中の現実逃避です。

昨日は

午後、ほぼ精神的に死に体でありました。14時からビールをかっ食らい、18時半過ぎには布団に入っておりました。カピュソンのブラームスヴァイオリンソナタを聴き、シフのベートーヴェンピアノ協奏曲を聴き。ああ、そうだ。生活音がどうにもこうにも耳に突き…