音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

代理母 / 面影ラッキーホール (1998/2015 ハイレゾ 44.1/24)

はい、買いました。朝に一回、行きに一回、帰りに一回、そして帰宅後の今、また聴いております。

というのは、実は、このハイレゾ音源、全然期待していなかったくせに、これが結構やるからであります。曲者とでも言いましょうか。特に音数の少ない楽曲が意外と多い1stアルバムと言うこともあってか、楽器の一つ一つの粒が上手い具合に立って聞こえてくるというマジック。楽器がガチャガチャと言っている楽曲においても、その賑やかさがやかましさに繋がらずに上手くミックスされている印象。「あれ?このアルバム、こんなに音がよかったっけっか?」という疑問が頭の中でグルグル回りだすと言う、正にハイレゾマジック。

音響系や空間系のハイレゾは期待のしようがない音源だけれども、44.1というサンプリング周波数を選択したことが成功したのか、エネルギーという意味では十分に楽しめる音源になっている。いや、本当にマジックですよ。今でも狐につままれたような気分だもの。「あ、面影ラッキーホールって、バンドだったな」と改めて再認識出来る好盤。

いや、面影ラッキーホールが好きでなければ聴けないハイレゾ音源ではありますがね。