音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

ラヴァーマン / ORIGINAL LOVE (2015 CD-DA)

借りたのはわりと前なのだけれども、なぜか今まで一気に最後まで聴き通せなかった不遇のアルバム。ようやく最初から最後まで通して聴くことが出来た。

田島さん、小難しく音楽を考える段階から脱却して、純粋に煌びやかなポップスを作ろうと決心したのではないかと思わせるくらいの聴きやすさ。さらっと聴き流せるということは、変に引っかかる要素や首を捻ってしまう要素がなく、いい意味で通りの良いアルバムに仕上がっていると言うことではないかと。初期ORIGINAL LOVEのように手放しで「傑作!」と簡単に言える歳では自分はなくなってしまったけれども、当時の自分がこの作品を聴いたら「傑作!」と小躍りしそうな1枚。良作。