音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

MAI KURAKI BEST 151A -LOVE & HOPE- / 倉木麻衣 (2014 FLAC)

こちらは地元の図書館で接収。一日二回図書館へ行く男。

それはさておき、倉木麻衣。このベスト盤はリリース当時にレンタルを見送っていたのだよね。「今さら倉木麻衣を追いかけてもなぁ」という根拠のない後ろ向きな姿勢だったので。今ならば「倉木麻衣って、一体今はどう言うことになっているのだろう?」と考えるのだけれどもね。

と言う経緯で借りてきたデビュー15周年ベスト盤。倉木麻衣も15年ですか!中盤から後半の曲はまず全然知らない曲ばかりなのだけれども、やっぱりボーカルに特徴のある方なんですね。しっかりとした統一感がある。メロディが強い曲が少ないのはビーイングの急速な人材激減によるライター不足によるものなのかもしれないけれども、大野愛果がまた再び曲を提供するあたりで息を吹き返すと言うのも、何か「結局、倉木麻衣はデビュー当時のインパクトが全てだったのだな」と思わせてしまう残念な結果も。

ま、まだDisc1を聴いただけであります。そのうちに気が向いたらDisc2も聴いてみますよ。