音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

Eclectic / 小沢健二 (2002 FLAC)

この作品ももう15年前か。あの頃はこの作品をどう語ればよいのかさっぱり分からずに、ただ「カッコいいじゃないか」と受け入れていたのだけれども、今聴いてみれば、アーバンAORへのオマージュのようなものだったのではないかと冷静に聴くことが出来る。大人の音楽ですな。正に官能と静謐。

最新作を聴いて思ったのだけれども、結局小沢健二はかつての小沢健二像から逃れることは出来なかったのだな。そう考えると、この作品は小沢健二のパーソナルな部分を剥き出しにして作り上げた貴重な作品になってしまったということだ。