音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

MR.CHILDREN 1992-1995 / Mr.Children (2001 FLAC)

通勤の復路に。

これが今聴いてもキラキラポップでなんとも甘酸っぱい。「星になれたら」とか眩いくらいのポップスだし、「イノセントワールド」に至っては神懸かっているとしか言いようがない。あぁ。これほどまでにキラキラポップスの名手だったのだな。

そう考えると『Atomic Heart』は確かに名盤なのだけれども、それ以降に陰る桜井和寿の暗さが滲み出し始めちゃってるんだよね。実はそれ以前のアルバムを聴いたことがなかったので、サブスク配信も始まったことだし、眩いであろうMr.Childrenを紐解くにはいい機会なのかな?