音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

SHURE RMCE-BT2 & JVC HA-FD01

寝ても覚めてもBluetoothレシーバの事ばかりだけれども、数時間使ってみて、ふと思ったのだよね。

「エネルギー感が十分なのはいいけれども、少し高域の煌びやかさ成分が多めかな?」と。

そこでふと思い当たった。HA-FD01はノズル交換で音の調整が出来るという事に。

しばらくNobunaga Labsのバランスケーブルの音作りに合わせて、チタニウムのノズルを使っていたので。あの組み合わせはあの組み合わせで十分に良い出来だったのだけれども、SHUREのこのBluetoothレシーバならばもう少し高域はマイルド、かつ、中庸な音を狙った方がいいのではないかとね。

ということで、ステンレスのノズルに交換。あら、その差は明らか。高域はマイルドになって、その代わり中域の張り出しがバランス良くなった。有り体に言うと、耳に優しくなった。チタニウムのノズルだとやや耳が疲れるかな?と言う気がしていたので。

ま、そんなこんなで、このレシーバにはこのノズルの組み合わせで行きましょう。このイヤホンを買った当初には、「ノズル交換なんてそうそうしないだろうな」などと考えていたのに、こうケーブルやらレシーバやらのシチュエーションがコロコロ変わると、ノズル交換出来たことは大正解だった。