音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

2019-02-17から1日間の記事一覧

SONORITE / 山下達郎 (2005 FLAC)

聴いているようで意外と聴いてない1枚。好きなんだけれどもね。収録曲数の多さのわりには、ボディがそれほど重くないのも好きな要因かな。

OMEGA TRIBE GROOVE / 杉山清貴&オメガトライブ (2019 ハイレゾ 96/24)

前半のリビルドコーナーは避けて、後半のリミックスコーナーを流し聴き。しかし本当にリゾートミュージックだな、これ。そう言う用途がある時代もありました。いや、今もそうなのか?どうなの?

ヤーノシュ・シュタルケル 名演集 / シュタルケル (2018 CD-DA)

シュタルケル1971年、1975年の演奏より、ヒンデミット、プロコフィエフ、ラウタヴァーラのチェロ協奏曲を集めたアルバム。三者三様で面白い作品集。ヒンデミット:アクロバティックなチェロのプレイが楽しめる、ちょっとカオスな作品。プロコフィエフ:何気…

バッハ:ブランデンブルク協奏曲第4番~第6番 / カール・リヒター, ミュンヘン・バッハ管弦楽団 (1967/2016 SHM-SACD)

たとえ長調であっても、どこかもの悲しさを誘う側面があるのは、主旋律を取る楽器が時折切ない音で耳に訴えかけるからだろうか。日本生まれの日本育ちである自分は西欧に対する郷愁などと言うものを一切持ち合わせていないが、それでも何かに戻っていくよう…

バッハ:ブランデンブルク協奏曲第1番~第3番 / カール・リヒター, ミュンヘン・バッハ管弦楽団 (1967/2011 SHM-SACD)

強硬な手段を用いて手に入れたディスク。後悔はしていない。華やか。それは決して浮かれていると言う雰囲気ではなく、厳かに華やかに。しっかりと地に足を着けて、バッハの譜面を水も漏らさぬ覚悟で演奏していることが伝わってくる。それがそこはかとない緊…

NANASE AIKAWA BEST ALBUM "ROCK or DIE" Hi-Res Edition / 相川七瀬 (2016 ハイレゾ 48/24)

こんな物も聴いてみる。よろしい。よろしいよ。元気一杯。NANASE AIKAWA BEST ALBUM “ROCK or DIE” Hi-Res Edition 【Hi-Res】

REQUEST -30th Anniversary Edition- / 竹内まりや (2017 FLAC)

色んなものを聴いてみますよ。山下達郎のコーラスワークが絶妙であると言うところまではっきりと聴き取ることが出来る。何を聴いても満足させるポイントがあると言うのは素晴らしいことだ。

chouchou / 上白石萌音 (2016 ハイレゾ 96/24)

このアルバムを構成する全ての繊細さを、余すところなく表現してくれますよ。エネルギーだけが全てではないと言うことか。こりゃ、本物だ。chouchou 【Hi-Res】

BITTER AND SWEET / 中森明菜 (1985/2014 ハイレゾ 96/24)

Bluetoothレシーバで嬉々として聴いていたら睡魔に襲われて寝落ち。今日は秋葉原に出掛けようか、などと考えていたけれども、やはりまだまだ静養が必要ね。今日の残り半日、家でゆっくり音楽を聴きますよ。嬉々として。BITTER AND SWEET 【Hi-Res】

氷の世界 / 井上陽水 (1973/2018 ハイレゾ 192/24)

ああ、これもまたいい音で鳴るなぁ。もう同じ感想しか出てこない。氷の世界【Hi-Res】

SHURE RMCE-BT2 & JVC HA-FD01

寝ても覚めてもBluetoothレシーバの事ばかりだけれども、数時間使ってみて、ふと思ったのだよね。「エネルギー感が十分なのはいいけれども、少し高域の煌びやかさ成分が多めかな?」と。そこでふと思い当たった。HA-FD01はノズル交換で音の調整が出来るとい…

Prayers for the Damned / SIXX:A.M. (2016 ハイレゾ 44.1/24)

先ほど聴いたSteven Wilsonからの流れでロック物を。向こうがプログロックならばこちらはハードロックですな。それもこれも、ギターのパワーの再現力が半端じゃないからなんですよ。昨晩ザッピングで色々と聴いた感じでは、イヤホンの能力の高さもあってか、…

Hand Cannot Erase / Steven Wilson (2015 ハイレゾ 96/24)

昨晩届いたSHURE RMCE-BT2をさらに試すべく、音源を再生…してみると、あれ?10分程度に1分、いきなり「Power Off」とアナウンスが流れて、レシーバが落ちてしまう。一度WALKMAN側のプロファイルを削除して再度ペアリング。それでも症状は改善しない。「んー…

AREA / DEZOLVE (2019 ハイレゾ 96/24)

本日の朝一に。しかし壮大な作品ですな。楽曲の持つスケールが大きい。そこが大御所や中堅どころの邦楽フュージョンバンドとは大きく異なるところで。楽曲として無難な路線や、小さくまとまったり、もしくは規模を大きく見せようとして複雑怪奇になったりし…