音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

9999 / THE YELLOW MONKEY (2019 AppleMusic)

19年ぶりのオリジナルアルバムと聞いて、その期間の長さに一瞬目眩がしてしまった最新作。もうそんなに時間が経過していたのか。

さて、中身。THE YELLOW MONKEYです。紛れもなくTHE YELLOW MONKEYです。このドライブ感とどこか懐かしい感覚、吉井和哉もメロディの作りがTHE YELLOW MONKEYモードに入ったようで、その19年のギャップ、そしてその末期は比較的残念なことになっていたという事実を埋めてもまだ余りあるエネルギーと満足感が詰まっております。

それでもまだまだ出来るんじゃない?まだリハビリじゃない?と思わせるあたりが、このバンドへの期待度の高さを示しているわけでして。マージンがしっかりと残されている作品なんだよね。だからこそなんだろう、聴いていてなかなかに楽しくなってくる。

素直に「こりゃ、かっこいいわ!」「ウェルカムバック!」と伝えられる作品。これがTHE YELLOW MONKEYです。