音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

平成ラブソングカバーズ / May J. (2019 FLAC)

何度も何度も「俺、一体、なんでこんな物を聴いているのだろう」と自問自答しながら対峙していた。

器用貧乏なボーカルに、適当に仰々しいアレンジ。カバーアルバムとしては最悪の部類に入るのだけれども、なぜか耳を閉ざすことも出来ず、最後まで聴き通してしまった。

まぁ、適当に歌の上手いお姉さんが、ビッグヒット曲をイージーリスニング的にカバーした、と解釈出来れば、この時間も無駄ではなかったと思いたい。

あれだ。蕎麦屋で流れるヒット曲の箏曲アレンジを流していたようなものだ。