音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

ベートーヴェン:交響曲第7番 / ラトル, ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 (2016 ハイレゾ 192/24)

一時は好んで聴いていたラトルのベルリン・フィルによるベートーヴェンでありますが、今聴いてみるとこれまた重いね。重厚さと言う意味での重さもあるけれども、自分の好みの重さからは離れているように感じられた。

色々聴いているうちに、自分の好みが変わっていったってことなのだろうな。