音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

シューマン:交響曲第1番 / ラトル, ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 (2014 192/24)

あれほど自分との相性が合わなかった、ラトルとベルリン・フィルとの組み合わせによるシューマン。

ブラームスを聴いた流れで聴いてみようと思い再生。

あれ?

またまた「あれ?」ですよ。

聴けるのです。まったく違和感なく聴けるのです。いや、むしろ聴いていてカタルシスが得られるほどに聴けるのです。

ガッシリとした演奏の骨格に、土台の重厚さと、華やかなる旋律のハイブリッド。これを華麗な演奏と言わずして、何と言う。

んー。

これは明らかに自分のクラシック音楽に対するキャパが広がっていますね。許容範囲が広くなったと言いますか、もしくは好みが変わってきたとも言うべきか。

またまたベルリン・フィル時代のラトルを見直してしまう結果に。今、自分の中で何かしらのパラダイムシフトが発生していますよ。

シューマン : 交響曲全集 (Robert Schumann : Symphonien 1 - 4 / Sir Simon Rattle | Berliner Philharmoniker) [2SACD Hybrid] [輸入盤]