音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

ブラームス:交響曲第1番 / ラトル, ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 (2008/2014 44.1/24)

寝起きに何とはなしに目についたこの曲を。

寝起きの身体には、少しこってりと感じられましたよ。でもブラームスを演奏する、この組み合わせは悪くはないのだよな。

楽曲によって自分との相性の差が大きい組み合わせなのか。ラトルとベルリン・フィルは。シューマンは苦手だし、ベートーヴェンに対する感銘は普通レベルだし、と言った具合で。