音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

コンプリート・オブ・織田哲郎 at the BEING studio / 織田哲郎 (2002 FLAC)

図書館にて接収。

中身の基本はセルフカバー曲なのだけれども、男くさい織田哲郎のボーカルで歌われることによって、楽曲の持つ骨太さが浮き上がってくる仕掛けがなんとも痛快。

これはいいコンパイル。