音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

アワー・ソングス / アイドルネッサンス (2016 FLAC)

いや、そのね。つい魔が差して買ってしまったのですよ。カバー物好きな自分としては、成長過程アイドル+カバーと言うだけで、買わない理由がない。以下、全曲俺得解説。暇なんだよ。


「YOU」
ただでさえ甘酸っぱさが自分の中の記憶に残っている楽曲が、さらに十代の女の子たちに歌われることによって、甘酸っぱさ二倍増し。この曲を聴いた段階で「もしかして結構いいカバーアルバムなのでは?」と思わせる。


「初恋」
名曲中の名曲なのでアレンジもボーカルも楽曲負けするのではと思っていたのだけれども、儚く歌うように抑えられたボーカルが、曲の良さを新しく引き出している。変にキャイキャイしていないところがよろしいのではないかと。


「ベステンダンク」
こちらも名曲中の名曲。歯切れの良いボーカリゼーションが、この曲のポップさを引き出すことに成功している。意外なことに「歌わされている」感がない。こんなティーンによるカバーを聴いても「やっぱりいい曲だなぁ」と思わせるあたり、なかなかやるな。


「あの娘ぼくがロングシュート決めたらどんな顔するだろう」
ここで一転して、元気いっぱいに歌うボーカルに。この曲の表情あたりが、実は素顔なのかな?などと思ってみたり。アイドルらしいカバーであります。この曲は振り付けがあるならば、それを見ながら聴いてみたいな。歌っている時の表情を見てみたいと思わせる。


「タイム・トラベル」
こちらも年季の入った曲だけれども、しっかりと今にアダプトしている。ボーカルがかわいらしいことが曲を上手く生かしているのかな。この辺り、かわいらしい曲が続く。


「夏の決心」
完全にアイドルポップに換骨奪胎されている。書き下ろしの楽曲だと言われても納得してしまいそうなほどに、このユニットにドンピシャ。元気な曲がさらに元気に。ちょっと拙いファルセットも逆に曲の味を引き出している。


「STILL LOVE HER(失われた風景)」
一番の鬼門だと思っていた曲。ところが、コーラスとユニゾンを上手く組み合わせて、この曲が持つ独特の空気感を損なうことなく、自分たちの楽曲としてモノにしている。意外と表情豊かなのだな。


「17才」
こちらも甘酸っぱい名曲中の名曲。こう言った甘酸っぱい曲を持ってくることで、若さとの相乗効果が発生して、楽曲が映えて聞こえてくるのだよね。このユニットのベースにあるのは、あくまでもkawaiiボイスだと言うことを訴えているようにも感じ取れる。


「太陽と心臓」
サビのとにかく明るく元気なユニゾンが印象的な一曲。アルバムの中では最も中庸なポジションにある楽曲かな。普通と言えば普通。


「金曜日のおはよう」
気がつくと、ようやくここで「女の子らしい」楽曲が現われたような気がする。日常を歌う詞の世界が、彼女たちの等身大を投影することに成功しているのではないかと。聴いているこちらも元気が出るような一曲。これは掘り出し物ですな。


「恋する感覚」
かわいい。ボーカルチェンジとユニゾンとが聴いていて楽しくなる。カラッと歌い上げるところがまたいいね。原曲の良さが引き立つカバー。こう言う楽曲が入っていると、聴いている方は愉快な気分になってくる。


「ガリレオのショーケース」
痛快なロックナンバー。ボーカルも飛ばし気味で、このユニットの意外な懐の広さに驚かされる。何でも歌いこなしちゃうのだな。楽曲によって変わるボーカルの表情が、聴いている側に飽きを感じさせない。


「Yeah! Yeah! Yeah!」
バンドサウンドの楽曲が、完全にアイドル楽曲に入れ替わっているところがなかなか。andropの楽曲は平凡という印象が強かったのだけれども、こうやって聴かされると、結構面白いじゃないですか。前向きになれる一曲。


「Funny Bunny」
出だしが、一瞬何の曲が掴めなかった。あの切ない曲が、勇気が持てる一曲に生まれ変わっている。それが若さ故のパワーというヤツなのかな。いい締めです。


「tr.17(Secret Track)」
そう来たか!うん。アリだな。収録曲の中で、最も彼女らの素顔がうかがえる一曲なのでは。


【まとめ】
通して聴いて飽きる瞬間が全くなかったのは見事。そしてアイドルユニットのカバーとは言え、十分に聴き所満載だったところも見事。これは馬鹿売れしなくてもいいから、そこそこ浸透して欲しいアルバムだと素直に思った次第。いい感じの愛聴盤になりそう。