音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

おはこ / 柴田淳 (2019 96/24)

このどこかウェットで気怠くもあり、それでいて現代的に垢抜けているボーカルで往年の名曲を歌われると、それはそれで、単なるカラオケを超えた、素晴らしいカヴァーアルバムになるのだよね。