音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

Family / スガシカオ (1998 FLAC)

交換して使っていたゾノトーン。

確かに最初から印象は「ドンピシャ!」ではなかったのです。なので、ワイヤワールドのケーブルも即売りせずにとっておいたのですよね。

個人的なインプレッションでは、ゾノトーンはファットで元気なのだけれども、繊細さにやや欠けるのと、音源を選ぶこと、そして音場がやや狭まると言った欠点があったのです。

相対的にワイヤワールドは万能選手。エネルギー過多になることもなく、繊細さも持ち合わせていて、音場もCDとNAS内FLAC音源とを比較しても遜色やら大きな変化がなく楽しめるのです。

本当にケーブル選びは面倒だけれども、ハマると面白いわね。

FAMILY