音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

Today Is A Beautiful Day / supercell (2011 FLAC)

オーディオ師匠様から、今の自分のシステムでこのアルバムを聴くと出音が面白いかもよ?と言われてサルベージ。

聴いてみましたよ。多分10年ぶりに。

出音や音質が云々以前に、このアルバム、とてもいいじゃないか。リアルタイムで聴いてみた時には世間の評価に対してさほど感銘も受けなかったのだけれども、今聴いてみると実にカラフルで素敵なロックアルバム。

やなぎなぎのボーカルもここまで変幻自在なものであったかと、今頃になって気がつくわけですよ。

10年遅れて、自分の中での評価が上がった次第。これは確かに売れただろうし、評価も得ただろうことがよく分かった。

Today Is A Beautiful Day