音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

回帰熱 / 中島みゆき (1989/2018 HQCD)

中島みゆき17th。セルフカバー3作目。

この作品もリアルタイムで聴いているものだけれども、前作からの瀬尾一三とのコンビが生かされている、楽曲毎の場面転換が見事な作品であったことを再認識させられた。

その意味ではセルフカバーであっても、自身のオリジナルアルバムであるかのように楽曲が次々に繋がって行く。

ボーカルスタイルも楽曲によって変幻自在にアダプトさせるみゆき節が冴え渡る。

瀬尾一三との出逢いがいかに中島みゆきの音楽、もしくは中島みゆきの作品そのものを大きく変えたかが理解できる作品、第2弾。