音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

2020-06-05から1日間の記事一覧

Super Best Records -15th Celebration- / MISIA (2013 FLAC)

FLACで音源を持っていたことに気がつかなかった。気がついた瞬間に嬉々として、3枚ぶっ通しで聴きましたよ。過去ログを検索すると、恐らく「つまんないよ、これ」的な事が書かれているような気がする。そのようなことを書いた記憶がある。怖いので検索はしな…

MISIA 星空のライヴ SONG BOOK HISTORY OF HOSHIZORA LIVE / MISIA (2016 88.2/24)

急に自分の中でMISIA熱が上がった。ヒートアップした。これは一通り聴いておかねばならぬと、手持ちのアルバム以外の全てのオリジナルアルバムをTSUTAYAディスカスに発注。数年前リリースの3枚組ベスト盤も中古で発注してしまった。それもこれも、このライヴ…

恋愛小説2〜若葉のころ / 原田知世 (2016 88.2/24)

買い物に出掛けるつもりだったが、あまりにも動きたくないので、オンラインで発注。後日リアル店舗に取りに行きますよ。そんなこんなでまだまだダルダルと。

SPIRAL / 茅原実里 (2018 96/32)

気分的には悪くないのだけれども、いかんせん身体がグッタリと疲れておりますな。と言うことで、動けません。ボンヤリと聴いておりました。

31 / DIMENSION (2020 BSCD2)

ギターとサックスの2人体制となったDIMENSION。さて、どんなサウンドが飛び出してくるのかなと思いきや、これまたストレートなポップフュージョン。分かりやすい!爽やかさど真ん中のサウンドは、日本のフュージョン全盛期に活躍したメジャーバンドのメロデ…

ショパン:ピアノ協奏曲第1番 / ツィメルマン, ポーランド祝祭管弦楽団 (1999/2017 SHM-CD)

直感的にこの演奏は自分の好物になると。ショパンの独特の繊細な美しさはもちろんのこと、情熱的な旋律や演奏、そしてオーケストラとの滑らかな絡み合いと相まって、雑念を引き起こされることなく、出てくる音に専念することが出来た。これならば、ショパン…

青空、二人きり。

東北のとある所へ行ってまいりました。同行者1名。この「とある所」と言うのは自分にとっての鬼門であり、訪れると必ず体調を崩すと言う逆パワースポットのような場所なのですが、今回は同行してもらった方の諸々のサービス&サポートのおかげで、非常にスッ…