音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

ショパン:ピアノ協奏曲第1番 / ツィメルマン, ポーランド祝祭管弦楽団 (1999/2017 SHM-CD)

直感的にこの演奏は自分の好物になると。

ショパンの独特の繊細な美しさはもちろんのこと、情熱的な旋律や演奏、そしてオーケストラとの滑らかな絡み合いと相まって、雑念を引き起こされることなく、出てくる音に専念することが出来た。

これならば、ショパンの協奏曲の何たるか、その理解を深めることができる演奏だと思った次第。

自分にとっての第一次決定盤かな。第二次以降も出てくる事を長い目で期待して、そう位置しておきます。