音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

2022-03-23から1日間の記事一覧

CRUISE RECORD 1995-2000 / globe (1999 CD-DA)

これも手元から音源が散逸していたので再接収。改めて聴き直してみると、なんと音の見通しのよいことか。当時のリマスタなので、音圧を極端にいじることもなく、構成されている音の一つ一つがはっきりと分かるようになっている。いかに現代の最新リマスタが…

WORKS / TRF (1998 CD-DA)

1998年発売、2枚組ベスト盤。TRFの一番おいしいところが凝縮されているアルバムですな。このディスクは以前所有していたのだけれども、音源共々散逸。今改めて聴き直してみると、小室哲哉がこのユニットをフィルターとして送り出そうとしていた、そのリズム…

dAnce to positive / trf (1995 CD-DA)

午後、3時を回ろうとしていることにようやくバイタル回復の兆しが見える。ふとtrfの古いアルバムが聴きたくなり、近場のブックオフへ。買いたいものは決まっていたので、サクッと買ってサクッと帰ってくる。そしてこのアルバム。TK全盛期でもtrfに関してはそ…

DINOSAUR / B'z (2017 FLAC)

聴いているうちに身体のバイタルがどんどんと低下していった。その後、数時間室内にてグッタリしていた。まだまだ体調は安定しない。この胃腸炎、相当にダメージ大きいな。

infinite synthesis 6 / fripSide (2022 48/24)

fripSide南條綾乃在籍ラストアルバム。昨晩1回、朝1回聴いたのだけれども、いやはや、まぁ、そのなんだ、南條愛乃ラストと言う締めくくりを現わす楽曲が収録されてはいるものの、基本的にはいつものfripSideでありますな。ザ・金太郎飴。メロディも構成も何…