音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

BESTⅡ / 中森明菜 (1988/2012) SACD

そのまま『BESTⅡ』になだれ込む。この2枚のベストに入っている曲が、おそらく世間的にも最大公約数的な中森明菜のヒットシングルなのではないかと。ラストが「難破船」だしね。自分も積極的に聴こうとする明菜はここまで。

でも、その後の明菜も収録したベスト盤が、このCD不況の中で売れに売れる(と言ってもいいと思う)ということは、それだけ中森明菜に対する潜在的な需要があったということなのだろうな。ちょっとこれは2014年の驚きの一つだった。

ところで、それらCDを手に取った人は、当時の明菜が好きだったのか、今後の明菜の活動を期待しているのか、そのどちらなのだろうか。そこがちょっと引っかかっているところなのです。