音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

オールタイム・ベスト ‐歌姫(カヴァー)‐/ 中森明菜 (2014)

続いては『歌姫』シリーズのベスト盤。中森明菜のカバー集ですな。

このシリーズの第1作を初めて聴いた時には「なんてつかみ所のないカバー集なんだろうか」と思っていたのだが、あれから自分も成長して、不惑になったこういう機会に聴いてみると、中森明菜は原曲をいかに大切にした上で、自分色に染めることに専念していたかがよく分かる。原曲の良さはそのままに、ボーカリストとしての中森明菜をそこにそっと乗せるような印象。

時間は耳を成長させるのだな。