音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

BEST OF BEST / 大黒摩季 (1999 CD-DA)

J:COMの工事が完了して、インターネット回線も非常に速くなった。で、その工事の最中、暑い暑いと思いながらサーキュレータからの風を浴びていたのだが、もう辛抱ならんと冷蔵庫に冷えていたビールを開けて大黒摩季大爆音。この暑苦しさがいいね。ボーカルが暑苦しいのか、トラックが暑苦しいのか、いや、その相乗効果で暑苦しいのだと思いながら「夏が来る」なんかを大声で歌って暑気払いとしてみたり。いや、余計に暑くなり、そしてアルコールもすぐに回り、今、正に熱風にボイルされようとしている土曜日午後4時。