音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

ここが奈落なら、きみは天使 / ZABADAK (2015 CD-DA)

当たり、当たり、大当たり!今作は大当たりだわ。1曲目のヘビーなロックサウンドから始まり、緩やかに流れていくラストトラックまで、ZABADAKの粋を極めた集大成的な作品に仕上がっている。とにかくアルバムの流れの中で疑問符を挟む余地がないというのが素晴らしい。小峰公子の変幻自在なボーカルも上手く生かされているし、吉良知彦のギターも鳴りまくっている。久しぶりにZABADAKのオリジナルアルバムでガツンと来たかもしれない。もしかしたら最後にこのガツン感を得たのは、『IKON』まで戻るかもしれないくらいだよ。素晴らしい。何度も聴きたいと思わせる作品。もう一度言う。素晴らしい。