音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

SmilingIII / 槇原敬之 (1998 FLAC)

一番ノーマークだった本作品。「くもりガラスの夏('98 NEW VERSION)」のドラムがオマー・ハキムと言うことを発見して「何じゃこりゃ!」と悲鳴を上げる平和な一日の夕方。全体としても、リテイク作品もしっかりと作り込まれているし、英詞槇原時代の作品も僕は嫌いではないので、結構楽しむことが出来た。この作品はWalkmanには入らないだろうけれども、忘れた頃に引っ張り出して聴きそうな予感。やっぱり初期槇原には迷いのない充実感で充ち満ちているよ。