音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

BEST THE BACK HORN Ⅱ / THE BACK HORN (2017 FLAC)

TuneBrowserの画面を眺めていたら、何気なく目に飛び込んできたアルバム。

これ、多分借りたままで一度も聴いてない。で、THE BACK HORNはデビューの頃と、この前のベスト盤が出たあたりでちょこっと聴いていたのだけれども、のめり込むまでには至らず。このベスト盤を聴いてみてもやはりのめり込むほどの要素はない。

理由は、甘いからなのです。演奏は男気あふれるもので好みではあるのだけれども、メロディとボーカルに漂う甘い感覚との乖離がどうしても気になって仕方がないと言いますか。そのギャップも含めてがバンドの味なのだろうけれども。自分との相性が今ひとつマッチしなかったのだろうな。

BEST THE BACK HORN II(TYPE-B)