音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

Lalo, Bruch, Sarasate - Works For Violin & Orchestra / ルノー・カピュソン, パーヴォ・ヤルヴィ, パリ管弦楽団 (2016 CD-DA)

Not too hard.でNot too solid.なカピュソン兄のヴァイオリンを堪能。

音そのものはカリッと仕上がっているのだけれども、オケとの融合が自分の耳には心地よく届いてくる。カピュソン兄弟の音は基本的に尖ることなく上品に、それでも挑戦的なところでは挑戦的に攻めるので、聴いていて面白い。