音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

シベリウス:組曲・交響詩集 / ヤルヴィ(ネーメ), エーテボリ交響楽団 (2017 CD-DA)

『シベリウス:交響曲全集/管弦楽曲集』より。

あえて交響曲ではなく、組曲、交響詩を聴いてみた。

結果、シベリウスはシベリウスであった。シベリウスのダイジェスト版と言うべきか、おいしいとこ取りと言った感。小品が並ぶけれども、どれも麗しい。

メインディッシュばかりに目が行って、前菜やデザートにまで気が行き届かない状態の自分でした。いやいや。よいじゃありませんか。聴き応えありますよ。

シベリウスのもう一つの顔を見つけた気分。得した気分になっております。このディスク、買ってよかった。