音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

シューベルト:交響曲第4番 / ホリガー, バーゼル室内管弦楽団 (2020 CD-DA)

音が硬く感じられていたCDとはこれのこと。

前述のように、そのような物は一体どこへ消え去ったのか。室内楽オケの軽やかさが十二分に発揮されている録音でありました。

本当に安心して音楽に耳を委ねることが出来ます。

さて、この後、ロック&ポップスに行きますかね。既に数曲試し聴きはしているのですが。