音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

ブラームス:交響曲第4番 / セル, クリーヴランド管弦楽団 (1966/2017 SACD)

ケーブル交換の際には色々な音源をかいつまみながら試していたので、落ち着いたところで1曲。

いやー。セクション間の分離とブレンドが上手いこと両立していますよ。音もヒステリックな側面は一切感じられず。

この手の古い録音のリマスタ物は、色々な意味で若干無理をして音を作っている側面があると感じていたのですが、それが誤解だったのではないかと思えるほど。

音の厚みも十分、柔らかさも、もちろん勢いも、過不足なく伝えてくれました。

歓喜の笑いが止まりませんな。