音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

Gift for FANKS / TM NETWORK (1987 FLAC)

リマスタの功罪について考えておりました。

このベスト盤。1987年発売ですが、TM NETWORKがデビューしてからそれほど時間が経過していない段階でのベスト盤なので、比較的時間軸のレンジが狭いのだよね。

なので、(恐らく)音のバランスを軽く整えるだけで、大元はそれほどいじってない段階でのリリースだと思われるわけです。

近年リリースされたベスト盤などは、数十年というレンジにあるものを1本にまとめるわけですから、特に古い録音の物は相当に「今」の時間軸に近づける必要性が出てくると。

その結果、古い音源ほど音が極端にシャープになってしまったり、音圧がおかしなことになってしまったりという「害」が現れてしまうと。

実際、この1987年の音源を改めて聴いてみると、非常に音がファットかつ潤いのあるもの。ドラムの音などに顕著なのだけれども、アタックが太いのだよね。

それ以外にも音場なども広く保たれていて、聴いていて自然な聴感とも言えるほど。

リマスタ盤を盲目的にあがめていた時期もあるけれども、その音源を聴く際に、なぜリマスタ盤を聴く必要があるのか?そもそもリマスタである必要があるのか?

と言ったことを考える契機になりましたよ。

これはちょっと、色々と面白いことになってきたかもしれない。


(↑リンク先はリマスタ盤)