音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

海につれていって / 渡辺真知子 (1978/2014 96/24)

DREAMS COME TRUE≧渡辺真知子。

などと言い出すと「また何をトチ狂ったことを」と言われそうだけれども、特に歌詞の世界観において、DREAMS COME TRUEが持っている幅広いそれのあちらこちらに、渡辺真知子のそれがヒントとなって眠っているような気がするのですよ。

特に恋愛物の歌詞において、時代背景こそはさすがに大きく異なるけれども、悲哀と喜びと言った物にはそれほど大きな差はないと思っているのだよね。

そう考えてみると、DREAMS COME TRUEにおける吉田美和の作詞術、作詞における素材選びと、渡辺真知子のそれが、一番最初に現わした式になるのではないか、などと。