音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

ブラームス:交響曲第1番 / セル, クリーヴランド管弦楽団 (1967/2017 SACD)

急にブラームスが聴きたくなった。それもよく聴く4番ではなく、あまり聴かない1番を。引き続きヘッドホンにて。

手持ちの駒では誰の指揮でも良かったのだけれども、あえて、古いセルさんで。

聴き終えると随分と心のモヤモヤが取れてきたような感覚。漢方が効いたかな。

さて、CDラックを眺めると、新しいブラームスの演奏をあまり持っていないことに気がついた。

うーむ。