音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

ブラームス:交響曲第4番 / フィリップ・ジョルダン, ウィーン交響楽団 (2020 96/24)

ホールトーンと演奏のマイルドさが心地よく、やはり時折意識を飛ばしながら聴いておりました。

もう眠ってもいいような、まだ何か聴いていたいような。