音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

will / 荒井岳史 (2017 FLAC)

タワレコオンラインでたまたま目に止まったのです。半額扱いになっていたので購入。リリース時には購入を見送っていたのだよね。その後すっかり記憶からは消えていた。

さておき。

これは荒井岳史なりのシティポップに対するアンサーなのではないかと思えてくるほど。作りはロックやフォークのそれなのだけれども、基本にあるのはポップスのメロディ。

そこにシンガーソングライター的ニュアンスをふんだんにふりかけることによって、独自のセンチメンタル、サウダージ感を与えることに成功している。

ソフトな現代のシティポップ。そう称しても悪くはないのでは。