音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第5番 / ギレリス, セル, クリーヴランド管弦楽団 (1968/2015 SACD)

聴く期間をあけてしまうと、頭の中で勝手な先入観のような物が棲みついてしまうのだな。

ギレリスも、先日聴いたリヒテルのように「硬いピアノ」と言う印象になっていたのであります。

実際のところ、こうやってあらためて紐解いてみれば、確かにタッチは硬質かもしれないけれども、それは硬いと言う先入観とは全く異なる、バネのある演奏であることが判明。

そうやって、自分の中の印象を上積みしていくことで、しっかりとした鑑賞と感想に繋がっていくのだなと学習させられた次第。