音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

水響曲 / 斉藤由貴 (2021 96/24)

楽曲に対する母性なるものも育っていくものなのだなと、この作品で聴くことの出来る斉藤由貴のボーカルを聴きながら考えていたのであります。