音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

NON-FICTION / PSY・S (1988/2012 FLAC)

本日の朝一に。

泥のように眠ったというのに、鉛のように身体が重い。そんな朝を迎えていた。

半ば死にそうになりながら通勤。通勤途中まで聴いていた音楽も、あまりにも耳に暴力的に入り込むので、緩い音楽に切り替えるほどの体たらく。

諸々の疲れが一気に出たな。

Psyclopedia