音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第3&4番 / ウラジミール・アシュケナージ, ショルティ, シカゴ交響楽団 (1973/2018 96/24 Blu-ray Audio)

3番が目的で聴いていたのだけれども、ふと4番も聴きたくなったので、連続で再生。

これまであまり偶数番を真剣には聴いてこなかったのだけれども、いやはや、今になってこの4番を聴いてみると、なんともロマンティックかつオーケストラとのやり取りが聴いていて楽しい楽曲であることか。

アシュケナージによるピアノの美しさもさることながら、ショルティが振るオーケストラの推進力と主張もこれまたたまらない。第4番とはこのような楽曲であったか。

このような興味深い音源を今まで埋もれさせていたのだな、自分は。