音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

上白石萌音コンサート@東京国際フォーラム

昨晩は上白石萌音@東京国際フォーラムでした。

今回が自分にとって上白石萌音3回目のコンサート。1回目は赤坂BLITZ、2回目は有明ガーデンシアター、そして今回が東京国際フォーラムと、着実にキャパを増やしての動員。

5,000人規模のホールでどのようなパフォーマンスを見せてくれるのかと大きな期待を持って臨みましたが、いやはや、どこまでいっても自然体。そして堂々たる歌。

序盤3曲ほどこそ、歌につかみ所がなかったのかボーカルに若干のブレが感じられたのですが、そこはしっかりと修正してくれました。

自分にとっての萌音さんのツボは、ミドルテンポからスロー曲における少し喉に空気が引っかかるかのようなボーカリゼーション。

昨晩も「一縷」「夜明けを口ずさめたら」「夕陽に溶け出して」「AXIA」といった珠玉のナンバーをじっくりとホール全体に行き渡らせるかのような歌で圧倒してくれました。

もちろん「From The Seeds」のような硬派なロックナンバーでも、この上なく男前な歌を聴かせてくれましたが。

アンコール前のサプライズは来年1月の日本武道館公演開催決定。ついに1万人規模ですか。感慨深いものがあります。ファンクラブにも入っておりますゆえに、このチケットは確実に取りに行きたいところですね。

唯一残念だったのは、私の眼の調子があまり良くなく、ライティングで目を開けられなくなったこと。後半はほとんど目をつぶって聴いておりました。その分、演奏と歌に集中できたことをよしとしましょう。

素敵な夜となりました。