音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

2015-02-05から1日間の記事一覧

Best of Tornado / 凛として時雨 (2015)

やっぱりおっさんにはこれくらい殺伐とした音楽の方が丁度よいですよ。

Tree / SEKAI NO OWARI (2015)

でもね、やっぱり大人になっちゃった自分にとっては、これを通して聴くのはちょっと辛いの。

週刊『雑音万華鏡-Noiz-』更新

毎度暇つぶしの週刊『雑音万華鏡 -Noiz-』を更新しました。今回は去年の紅白にも出場したSEKAI NO OWARI『Tree』(2015)を題材に一本。ちょっとばかり真剣に書いてしまいました。なぜ中高生にばかりウケるのか、その理由を解析してみたつもりであります。少な…

有頂天 / B'z (2015)

「有頂天」も「Endless Summer」もジワジワと効いてくる。日本でこんなビンテージなロックをするメジャーアーティストなんてB'zくらいなものだものな。ということで、ヘッドホンにてヘビーローテーション。歌詞も埋め込んだ。

Rocks! / Fried Pride (2014/2015) Hi-Res

こいつをヘッドホンでドライブさせて聴くのは、最高にクールだぜ!

27 / DIMENSION (2014)

もう、ほとんど引き籠もりをせざるを得ないこんな雨で雪の日には、何でも聴くよ。

ブルックナー : 交響曲第6番 / ヴァント,ケルン放送交響楽団 (1977/2010)

昨晩ふと感じたことなのだが、もしかしたら今のスピーカー環境であるのならば、クラシックはヘッドホンで聴いた方が最もバランス良く聞こえるのではないかと。スピーカーだと若干ピーキーに聞こえてしまうのだよね。SACDやハイレゾ音源ならそんなことはない…

Listen To The Music / 槇原敬之 (1998)

「昔よく聴いていたけれども、最近聴かなくなってきた音源を聴こう大会」その2。ZEPPET STOREがその1ね。このシリーズは、結局1枚目が一番好きだという結果に落ち着くのでありますが、確かにこの所全然聴いていなかったなと思い、CDラックから引っ張り上げた…

BRIDGE / ZEPPET STORE (1999)

かなり久しぶりに聴いたのだけれども、これ、今風のバンドがやっているサウンド、英詞曲の先駆けだったのでは?と今さらになって新発見。ちっとも色褪せないし、そこら辺のバンドよりもよっぽどメロディも立っているし、何よりも聴いていて甘酸っぱくなる。…

5 Years 5 Wolves 5 Souls / Man With A Mission (2015)

軽く聴き流すための邦物ロックですな。

SHINE LIKE A BILLION SUNS / BOOM BOOM SATELLITES (2015) Hi-Res

うむ。朝に聴く音楽ではない。選択をミスった。これはアルコールの入った頭で聴く音楽だわ。

TO CHI KA / 渡辺香津美 (1980/2001)

バックのミュージシャンを外国人勢で固めていることもあってか、いわゆる「ジャパフュー」的な存在ではない。だからこそ、このアルバムの音がとても新鮮に感じられるのかもしれない。派手な曲も中にはあるけれども、それも何か抑揚を持った派手さなのだよね…