音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

Recreation 3 / Acid Black Cherry (2013)

選曲の基準が全く見えないカバーアルバム。全体的にロックなアレンジが施されているけれども、これといった特徴は無い。でもこのボーカルが微妙に古くさい感じで、かつよく伸びるのでその点は心地よく聴けるかも。ボーカルのカラーに支えられているカバーでありますな。悪くはない。素晴らしく良いわけでもない。まぁ、それなりには楽しい。でも原曲を知らない人がこれを聴いたらどういう感想を抱くのだろうか。