音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

ON THE WAY HOME / 川畑要 (2014)

「比較的お勧め」なんて言っておきながら、舌の根も乾かぬうちに「うーん、やっぱりダメかも…」と思っている今日この頃、皆様はいかがお過ごしでしょうか。僕はちょっと睡眠不足気味です。

さて、このカバー。何が不満かというと、ボーカルが二人じゃないことが不満なのです。やはり川畑の声には堂珍の声が絡まないと、味が出ないんですよ。耳がすっかりそれに慣れてしまっているから、ということもあるけれども、一人だけだと線の細さが目立つ。そして「取り立ててバカウマでもない」ことが露呈してしまうのですよね。二人だからこそのケミストリーが発生してのCHEMISTRYだったわけで、それが独立するとあまり生み出すものもないなー、という気にさせられてしまうのです。

選曲もいい。アレンジもまぁそこそこ。でもやはり声が物足りない。

ということで、ある意味とても残念な結果に終わってしまうわけであります。今後も聴くか?と問われると少々疑問が残るなぁ…。